トラブルにならない遺品整理の仕方|話し合いでトラブル回避

男性作業員

信頼できる業者の探し方  

ダンボール

故郷の両親が亡くなると葬儀をするために、故郷に戻って来ないといけません。しかし、やらないといけないことは葬儀だけではありません。両親が暮らしていた部屋の整理と遺品整理をしなくてはいけません。もし両親がひとり暮らしをしていたとしても、部屋の中には大量の家具や荷物で溢れて射ることでしょう。これらを一人で整理することは困難ですし、仕事を長いこと休むことも出来ないので、遺品の整理業者に頼んで整理してもらいましょう。

今は日本全国に遺品の整理業者があります。そのため、良い業者を選ばないといけませんが、初心者が判断することは難しいことでしょう。ですからここでは信頼できる遺品の整理業者の見分け方を紹介します。遺品整理を頼む際に必ず確認してほしいのが許可証です。あまり知られていないことですが、遺品整理業務をするためには、古物商の許認可が必要になります。これを確認するためには、遺品の整理業者のホームページを見てみましょう。しっかりと許可をとっている業者はホームページに掲載しているはずです。頼む前に確認してください。ちなみに、産業廃棄物収集運搬許可を古物商の許認可と偽っている悪徳な業者も存在します。ですが産業廃棄物収集運搬許可は関係ありません。この許可証は遺品整理に必要ではないので、絶対に頼んではいけません。必要以上の金銭を請求されたり、室内の遺品を盗んだりするケースもあり、被害も出ています。このような悪徳な業者を見分けて、しっかりと遺品整理するためにも、正しい許可証を持っている業者を選びましょう。